2007年01月01日

Win XPでファイルの拡張子を表示してみる

今更の記事ではありますが、ウェブサイトを制作する上で、HTMLファイルや画像ファイルなどのファイル拡張子を確認したり、修正したりという作業が出てくるものです。Windows XPの場合で説明しますが、通常はファイル拡張子は表示されない設定になっています。今回はこのファイル拡張子を表示させてみましょう。

ファイルの拡張子を表示する方法(1)

どのフォルダでも構いませんので、上のように1つフォルダを開き、「ツール」→「フォルダオプション」と進んで下さい。

ファイルの拡張子を表示する方法(2)

次に「表示」タブを選択し、上のように「詳細設定」の中から「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外します。

ファイルの拡張子を表示する方法(3)

これで「OK」をクリックしてファイルを確認してみて下さい。ちなみに、ファイル名やファイル拡張子を変更する場合、右クリックして「名前の変更」で修正することができます。
posted by メガネ君 v0-0v at 01:37 | TrackBack(0) | パソコン豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。