2007年07月03日

Googleウェブマスターツールでサイトマップを送る

皆さんのブログは、しっかりGoogleにインデックスされていますか?一般のサイトではGoogleサイトマップを使う人も増えてきましたが、ブログではあまり利用されていません。それは、ルートディレクトリにサイトマップを設置する必要があるからです。

幸いなことにSeesaaブログは、記事を投稿すると同時に、このXMLファイルを生成してくれます。使わない手はありません。
設定はいたって簡単で、「マイ・ブログ」→「設定」→「ブログ設定」と進み、下のよう「出力する」にチェックするだけです。

設定画面1

元々ブログ自体が生成するソースは、検索ロボットと相性がいいと言われています。さらに、RSSフィードなどを使って更新情報を配信したり、TB(トラックバック)で簡単に関連サイトとリンクすることもできます。つまり、ブログはSEOの観点からも大いに利用すべきツールと言えるのです。

ですが、日々生成されていく新しい記事を、Googleなどの検索ロボットに伝えてあげることで、これをさらにより精度の高いインデックスを実現できると言われています。サイトマップの作成方法についてはGoogle・Yahoo!対応のサイトマップを作ってみるをご覧下さい。

まず、Googleウェブマスターツール(Google)のアカウントをお持ちでない方はメールアドレスだけで取得できますので、今すぐアカウントを取得しましょう。

Googleウェブマスターツール1

登録したメールアドレスとパスワードですが、忘れないようにどこかに控えておくことをお勧めします。ではログインしてみましょう。

Googleウェブマスターツール2

ログインすると、下のようにサイトを登録することができます。URLを入力して [サイトを追加] をクリックしましょう。

Googleウェブマスターツール3

それでは登録したURLをクリックして先に進みます。下のメニューが表示されたら、まずサイトマップをクリックして下さい。

次に、サイトを確認を行います。メニューの概要をクリックして、「次のステップ」のサイトを確認のテキストリンクをクリックして下さい。

今は確認ステータス:未確認と表示されていると思いますが、これが終了すると表示が消えます。

方法としては2つありますが、Seesaaブログはルートディレクトリにファイルを転送できませんので、「確認方法を選択」でメタタグを追加を選びます。

Googleウェブマスターツール4

すると上のようなメタタグが表示されますので、HTML編集でタグを追加します。シーサーブログでHTML編集を行う方法については、前の記事をご参照下さい。

HTMLの編集が終わり再構築を実行すると、追加したメタタグがブログのページに反映されているはずです。心配でしたらソースをチェックしてみて下さい。反映されてました?
問題なければ、下の [確認] をクリックしてみましょう。

Googleウェブマスターツール5

すると、ページ上段に下のように「確認に成功しました」と表示され、メニューの概要を開くと下のような確認から、その下の「レ」に変わっているはずで、Googleがサイトを認識できたことになります。

Googleウェブマスターツール6


Googleウェブマスターツール7

ここで下のテキストリンクのサイトマップを追加の部分をクリックし、一般的なウェブページのサイトマップを追加を選びます。

Googleウェブマスターツール8

表示されたテキストエリアにはsitemap.xmlと入力して下さい。
つまり、このブログの場合サイトマップのURL(絶対パス)はhttp://v0-0v.seesaa.net/sitemap.xmlになるわけです。
ここで下のボタンをクリックしましょう。

Googleウェブマスターツール9


以上Googleサイトマップの登録方法でしたが、また機会があればツールの使い方についても触れてみたいと思います。詳細はウェブマスター向けヘルプセンターをご参照下さい。
posted by メガネ君 v0-0v at 20:48 | TrackBack(0) | Web関連ツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。